【就活:新卒】本当の「就活の軸」の決め方は「人生の軸」から考える

ここでは、俗にいう有名大学ではなく、中堅私立大学の大学生にむけ、一発逆転し大手ホワイト企業へ就職する方法について、自身の就職活動の経験をもとに、就職活動の本当の実態やノウハウをお伝えしていきます。

今回は、「後悔しない本当の就活における軸を見つける方法」をご紹介します。

「自分には、自分の軸があるから」と、他人に流されない軸探しです。

こんな人に読んでほしい

・就活を始めたての人
・どんな企業が自分に合うか不安な人
・内定はもらえそうなものの、本当にこの企業で良いのか迷い始めた人

「軸」が強く太く納得がいくものであればあるほど、就活に強くなります。

つまり、軸の強さが内定に繋がります。


では、見ていきましょう。

目次

プロフィール

まずは、簡単に私の就職活動に関するプロフィールです。

<自身のスペック>
◆大学:MARCH未満
◆学部:理工学部
◆GPA:2.7/4
◆課外活動:スポーツサークルに所属
◆アルバイト:小売業を経験

後悔しない本当の就活における「軸」とは?

結論から先にお伝えします。

「就活の軸」は、「人生の軸」から逆算して考える。

一般的に、「就活の軸」とは「企業選びの基準」であり、最終的に選考において「御社への志望理由」になります。


御社への志望理由として、「成長できる環境・大きな仕事ができる…という理由から、御社を選びました」と伝えるかと思います。


就活の選考において、パーフェクトな回答です。

ただし、それはあくまで「選考を通過し、内定をもらう」という目的達成のためです。

考えるべきは、「その企業に入社した後、自分が豊かな人生を送れるかどうか」です

今の時代、副業や独立など、より個人が輝く時代になっていますが、「企業への就職」という道を選んだのであれば、入社する企業に身をゆだねることになります。


であれば、その企業での働き方・待遇などは、自分の人生に大きく関わってきますので、自分に向き合って考えていきましょう。

では、「人生の軸の探し方」をご紹介します。

「人生の軸」は、過去の自分が教えてくれる

過去の自分から「当時のモチベーション」を洗い出し、軸の参考にしましょう。

人間の本質はなかなか変わりません。(と思っています。)


自分自身に衝撃的なこと・本気で決意したことがなければ、性格や価値観がコロッと変わることは少ないかなと考えています。

自分の「モチベーションが低くなること」を排除しつつ、「モチベーションが高くなること」が多くなるように、企業選びしましょう。

一問一答形式

<モチベ高>(例)

  • 何かを分析するとき ※特に人が困っているとき
  • 可愛い異性と一緒に仕事するとき
  • 毎日色々な予定(バイトにゼミに趣味に)があるとき
  • 給料が高い短期バイトをしたとき

<モチベ低>(例)

  • 集団生活が苦手
  • 人前での説明はマジで無理
  • 脚光を浴びたくない
  • 先輩ばかりいるような時
  • 慣れ親しんだ環境が変わるとき

モチベーショングラフ

モチベーショングラフ(例)

自分の人生を、グラフに例え図解する方法です。


過去の自分を俯瞰して、「つまり、どんなことが好きなんだろう」考えてみましょう。

※使い方はこちらを参考に!

モチベーショングラフで自己分析!やり方解説【10分で終わるテンプレ付き】

キミスカ就活研究室(https://kimisuka.com/contents/self-analysis/9218

軸の決め方:「これだけは譲れない」で優先順位

「これだけは譲れない」という視点で、モチベーションの高いこと・低いことに優先順をつけましょう。

「まー許せるかな」という内容は、将来的にも「まー許せるかな」となるはずです。

就活時期では、不安から極端にネガティブになったり、順調に進む成功体験から強気になったりします。

情緒が安定しない時期を参考に、軸を決めることはとても危険です。

正しい基準で、ものごとを判断できなくなります。

ツタの葉

正直いうと…この時期の「自己分析」は
あまり意味なかったな~と今思います。

軸をもとに、企業選び

譲れないことに対して、「つまり、どんな企業?」と自問自答し、企業選定しましょう。


例えばこんな感じ。


<モチベ高>

チームで何かを成し遂げた時は、やっぱり最高!
<つまり、どんな企業?>
 →色々な業界とチームになってプロジェクトを回す商社系


<モチベ低>

環境が変わることは、マジで無理
<つまり、どんな企業?>
 →転勤なし、異動なし、部署移動が少ない都内のシステムエンジニア系

意外な企業があるかもしれません。


知名度がなくとも、業界としては世界に誇れるような企業はたくさんあります。


「自分の軸」を信じて、偏見を持たずに企業を選びましょう

企業選びで迷ったら、「モチベ低」に重点を置く

「モチベーションが低くなること」を優先的に排除する企業選びを行ってみてください。


モチベーションが低くなることは、精神的にダメージが大きいです。

例えば、すごいモチベーションが高く仕事しても、次の日 自分にとって嫌なことが起きれば、モチベーションは下がりますよね。

人間には、プラマイゼロという状態はほぼありません。

人生を豊かにするためには、「モチベーションが高い状態を維持し続ける=モチベーションが低くなることを排除する」ことが重要です

何事も良い方に良い方に物事を解釈しがちですが、1つでも自分にとって嫌なことがおきると、そればかり考えているかと思います。


きれいごとだけではなく、「モチベーションが低くなること」を見つめて、企業選定してください。

まとめ

今回は、就活の軸を考えるためには「人生の軸」で考えることをお伝えしました。

また、人生の軸を考えるうえでの方法や考え方も併せて、ご紹介しました。

就活はあくまで人生の一手段でしかありません。

長い人生を見つめて、企業選びや就活を頑張ってください。

では、本日も気を付けて!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる